日の出の畑事始め

posted in: Farm, News | 0

コジマ農場では、神奈川県旧藤野町の他に東京都西多摩郡日の出町の露地栽培用の圃場
およびビニールハウス6棟を管理しています。

かねてから取引のあった東京都新宿区神楽坂にある産直八百屋「神楽坂野菜計画」を運営する
株式会社アグリコネクトが農業生産に進出するにあたって、
小島が取締役として2018年から経営陣に招かれ、
ハウスの設計や計画の策定、生産技術の指導などを行っています。

日の出の畑では、ビニールハウスと露地栽培のあわせ技でサラダ用葉物野菜を
通年で安定的に出荷するという生産・販売計画を立て、
日本政策金融公庫から借入を実施し、農業生産を開始しました。

5月に最初の播種をし、6月から収穫を開始し、現在10月ですが今年の異常気象にも負けず、
夏の酷暑期も継続的に生産、出荷を実施することができ、
たくさんの取引先や店頭のお客様にも好評をいただいています。

「東京で地産地消」を謳い、都内がマーケットということもあり
アンテナの高い飲食店やメディアの方からたくさんのお問い合わせをいただいていますが、
今は技術的に生産・流通を安定化させることに力をつくしています。
まだ微力ではありますが、今後の活動にご期待ください!

Leave a Reply